2005年11月12日

P・ドラッカー氏について(悲)

「経営学の神様」として企業経営者や管理職らの間にもファンが多い米国の経営学者、ピーター・ドラッカー氏が11日、老衰のため死去した。95歳だった。

氏はウィーンで生まれ、ドイツで新聞記者、英国で証券アナリストを経験した後、渡米して学者になった。企業経営学の権威であると同時に社会学者でもあり、時代に合った経営のあり方、個人の生き方、教育論など幅広い分野で執筆・言論活動を続けた・・。

約10年ほど前に氏の著書を知ってから、この間3〜4冊程度を読ませていただいた。
幾つもの経営や社会、教育に関する書籍を読んだが、彼の著書は理論やスジがしっかりとしており、毎回感心しながら読んだことを覚えている。

よくテレビや雑誌で様々な学者がコメントを残しているが、その多くは「実学」をあまり知らなかったり、言っている論が企業の現場では機能しなかったり、実の無い「概論」だったりするので飽き飽きしているが、氏の著書はそれらと一線を画していたので発行されるたびに注目をしていた。

これからも、氏のような地に足の着いた「実学」を論ずる優れた書籍が多数発行されることを願うばかりだ。

だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ←「同感」の方はクリックを!
posted by ゆう at 12:49| Comment(0) | TrackBack(6) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

何者として覚えられたいのか?
Excerpt: 昨日、現代経営学の父といわれるピーター・ドラッカー氏が死去しました。氏は、数々の名著を世に送り出していますが、その一つに下記のようなくだりがあります。
Weblog: 受験戦略論 (旧・最強!受験戦略!!)
Tracked: 2005-11-12 13:29

ピーター・ドラッカー氏死去=「近代経営論の父」
Excerpt: 謹んでご冥福をお祈りいたします。 ※追悼TB
Weblog: オカネの考え方 ?? 知ってる人には常識です ??
Tracked: 2005-11-12 13:44

【訃報】ピーター・ドラッカー氏死去
Excerpt: 経営という一見無機質なものを人間や社会といった身近な視点から教えてくれる素敵なおじいちゃんでした。今日はネクストソサエティを読み返してみようと思います。 ご冥福を。
Weblog: 打倒若ハゲ 男27才、このままハゲてたまるか!
Tracked: 2005-11-13 12:00

「ドラッカー」
Excerpt: 昨日、現代経営哲学の父と評されるピーター・ドラッカー氏がお亡くなりになりました。...
Weblog: コトバの向こうには
Tracked: 2005-11-13 21:51

現代経営学の父 死去
Excerpt: 11日、アメリカの経営学者 ピーター・ドラッカー氏が、 カリフォルニア州の自宅で亡くなりました。95歳でした。 数年前に何かの雑誌でドラッカー氏の名前を知り、 「マネジメント」という本を..
Weblog: こちら中小企業総務部
Tracked: 2005-11-14 22:46

必要なのは創造力と先見性
Excerpt: 11月18日付けの日経新聞に 11日に他界した経営学者のピーター・ドラッカーの功績について 一橋大学の野中郁次郎教授が手記を寄せている 私は大学時代 野中教授の門下生(?)の助教授の「経営..
Weblog: ●マーケティング室よりトップマネージを目指すBlog●
Tracked: 2005-11-18 22:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。