2005年11月27日

マンション耐震強度に関する役所の対応(怒)

「マンションなどの耐震強度に関する構造計算書の偽造を見過ごした民間検査機関イーホームズ(東京都新宿区)に、国土交通省がほぼ毎年、定期的に立ち入り検査をしながら、同社の審査態勢の不備を指摘してこなかったことが明らかになった。帳簿の保管状況や検査員数の点検が中心で、建築確認の審査方法の中身は詳しく調べていなかった。こうした事態を受け、国交省は、民間検査機関への検査のあり方を見直す・・」との記事を見た。

最近、巷を騒がしている一連のマンション耐震強度に関する事件についてだが、(真偽は不明なものの)偽造した側は勿論のこと、それを見抜けなかった自治体をはじめとしたお役所もお粗末なものだ。

自治体等の会見を見た限りでは「我々は彼らの報告が正しいものと思っていた・・」とか、「性善説の立場に立っていたので・・」などと訳の分からないことを言っている(っていうか何か腹立たしい)。

大体、構造計算書を作成する側や検査機関は勿論のこと自治体等も含め、本来はそれぞれの立場でしっかりとした仕事を遂行するのがスジではないか。

その本来の仕事(チェック)を怠り、やれ性善説だのどうのと言っているのであれば、自分たちの仕事を放棄するのと同じである。

そもそもチェックをする気がないのであれば、(この仕事に関しては)自治体等の役割は不要であるし、本件を担当しているスタッフも不要ということになる。

しかし、現実はスタッフが存在するし、彼らへの給与は地域住民の税金から支払われている筈である。

それなのに、市民の安全を守る業務もぜずに、何か問題があれば「私たちは仕事をする気がありません・・」と同意のセリフを吐く始末。

大変失礼だが、あなた達自身が税金の無駄遣いの原因であることを自覚していますか?

だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ←「同感」の方はクリックを!
posted by ゆう at 22:57| Comment(6) | TrackBack(4) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。