2005年11月05日

株の買占めや企業買収のうま味はいつまで続く?(惑)

ユニクロの元幹部澤田・玉塚氏が企業再生会社「リヴァンプ」を設立した。
ファンド系企業は企業を安値で買って、高値で売ることで利益を上げているが、同社は一部資本参加したうえで、経営再建を手伝い、業績回復した暁には利益・配当等のメリットを享受する。いわゆる「農耕型」企業とのこと。

最近はM&A・企業買収、ファンドなどがメディアを賑やかしているが、それもこれもバブル崩壊を受け、日本の企業が財務体質的に弱っていたり、実力を大幅に下回る評価(株価)だったタイミングを受けて(狙って?)、海外を含めた投資家が安価で企業を買い取り高値で転売を目指しているというもの。

・・ということは、ある程度日本の経済や企業の底力が付いてきたら、安価でお買い得という企業が減るのだから、投資家などにとってはメリットがないということになる。
企業買収により企業評価(株価)を高め、それを元に資本を集めているような企業は、このケースでいくと数年内に国内でもうま味がなくなっていくことになる。

だから、企業によっては躍起になって放送会社を買収しようとしたり、リスク分散のために通販会社を買ったりするのだろう。
カネでカネを生む錬金スタイルは、バブルの事例から一時は栄えるが永遠ではないということを学んでいるはず。
だから、彼らは何らかの「形ある資産」「大きな影響力を持てる資産」を欲しているのだろう。
何せ「実のあるモノ」は何も持っていないのだらか・・。

だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ←「同感」の方はクリックを!
posted by ゆう at 16:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。