2005年11月02日

東証システムの再ダウンの可能性はあるか?(憂)

ご存知のとおり11月1日に東証システムがダウンした。
時間にすると3時間程度だったが、証券会社の手数料損失額は10数億円だとか。

原因は富士通のプログラムミス(ソフトの欠陥)によるものと報じられているが、これに対し富士通は「原因が不明なため、現時点では責任がどこにあるかコメントできない」と言っている。

しかし、一部報道では「10月から11月への切り替えという、いわゆる月越処理のテストをしていなかった」とも。

俺も若干、情報システム部の管理をしていたことがあったが、年や月を跨ぐようなケースのテストは基本中の基本だと思うし、例え納品元(今回の場合は東証?)が納期を急がせたとしてもテストの重要性を説くのがシステム屋の仕事だと思う。また仮に、どうしても納期を守らなければならないようだったとしても、別途仮想状況を作りテストをすればよいのでは(・・本当は納期などは開発初期段階で分かっている筈なので、開発終盤で急遽納期が変わったとは思えない。だとするならば、事前に説明やテストをする時間は作れそうなものだが)。

恐らく、東証や富士通の各セクションで働く人々の多くの努力と少しずつの思惑が絡み合い、今回の大失態に繋がったと思う。

この気持ちは分からなくもないが、取り組んでいる仕事の影響度の大きさ(東証の時価総額はニューヨークに次いで2番目に大きい)を考えると、仕事に対する責任やスタンスが甘いのでは・・、と言いたくなってしまう。

しかし、報じられているとおり本当に些細なミスやテストの甘さが原因であるならば、今回のトラブル以外にもまだ隠れたプログラムミスや何らかの欠陥が見つかる可能性は捨てきれない。

年初に話題になった「成果主義」といい、今回の件といい・・・。

だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ
posted by ゆう at 11:57| Comment(29) | TrackBack(3) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。