2005年11月01日

経営とモラル(怒)

詳しくは後日ゆっくりと書こうと思うが、最近度々ニュースを賑やかすIT系企業について一言。

基本的に「組織はどうして成立しているか」という点を考えて欲しい。
私の偏見かもしれないが、組織(会社)はカネを出す人(株主やオーナー)がいて、それをマネジメントする人(経営者や幹部)がいて、そしてこの意思を実行に移す人(従業員)などが最低限必要なメンバーになる。

しかし、これだけでは組織は成り立たない。
組織が円滑に運営されるためには、実行に移す人が顧客や企業に認められてはじめて売上が発生することになる。

だがこの顧客や企業は意外とデリケートなもので、オーナーだろうが経営者だろうが従業員だろうが、その企業が唯一無二の存在でない限り何かモラルやルール違反をすると、購入をボイコットしはじめるほど神経質なものだ。

最近のIT系のオーナーなどはバブルの残党のようなワガママな発言や挑発的な態度を見せているが、あれが続くようだといずれ顧客がボイコットに転ずるようになるだろう。

渋沢栄一ではないが、経営に携わる者は「そろばん(会計的な経営感覚)」と「論語(モラル)」を両立しないといけないと思う。

そうでなければ、ルール(法が未整備のケースもこれに含まれる)の中であればモラルを無視してカネでカネを生みやり方がまかりとおってしまうことになる。
これではコワオモテの世界と変わらないではないか。

・・このネタを書き始めると長くなるので、今回はこのへんで(怒)。

だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ
posted by ゆう at 18:25| Comment(2) | TrackBack(3) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。