2005年12月03日

発生の可能性が高い?インフルエンザ&大地震(怖)

「国立国際医療センターは、鳥インフルエンザ(H5N1型)で世界最多の死者を出しているベトナムの病院に医師を送り、インターネットを使った電子共同診療を実施することを決めた。感染者を診たことのある医師が日本にほとんどいない現状を考慮し、国内での患者発生をにらんだ対策を急ぐ。
国際医療センターは特定感染症指定医療機関で、政府の新型インフルエンザ対策行動計画によると、日本で患者が発生した場合、同センターに優先的に運び込まれる・・」とのニュースを見た。

今年は、いつになく鳥インフルエンザに関する報道を見かける。
その内容は、どれも「大流行の可能性」「流行時には多数の患者・死者が」「抗インフルエンザウイルス薬の確保に懸命」などのようなニュースである。

やはり、これだけ騒がれるということは発生する可能性が高いのだろうか?
テーマにもよるだろうが、多くの諸問題については「政府」の対応が遅すぎる感がある。

それなのに今回のインフルエンザについては、やたらと先手を打っているではないか?
そんな印象を持つと、どうしても「政府はかなり高い確率でインフルエンザが流行するという情報を持っているのでは?国民の安全を守るのが優先的な役割の1つだけに、躍起になって対策を急いでいるのかも。それに、高い確率でインフルエンザの流行を知っていたとしても、それを公表すると大パニックが起きたり経済への影響が出たりするので正直には言えないだろうし、まして予測が大外れしたら洒落にならないし・・」と勝手な推測をしてしまう。

そもそも「鳥インフルエンザがクローズアップされる→鳥肉の消費が冷え込む→エサとなる大豆の消費が落ち込む→先物市場にも影響が出る→国境を越えての経済問題になる」という安易なシナリオから考えても、政府は簡単に具体的な情報は流せないはず。

そう考えると「繰り返しの注意(警告)」が精一杯の告知活動ということになる。

・・これと似た話が「大型地震」だ。
ここ数年、やたらと「大地震発生の確率」や「緊急会議(調査会)」などのニュースを見るし、書店では「震災時の帰宅支援マップ」「ハザードマップ」などが目立つ。
しかも、マンション耐震偽造事件(姉歯)では、補正予算を組んででも対策を講じようという動きがあるし。

これも鳥インフルエンザ同様に「繰り返しの注意(警告)」を呼びかけるしかないだろうから・・。

だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ←「同感」の方はクリックを!


posted by ゆう at 10:53| Comment(41) | TrackBack(7) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

生命保険を見直そうかと思っていた(焦)

「国内大手8グループ9社など生命保険各社の2005年度上半期(4―9月)業績が11月28日に出そろった。一般企業の売上高に当たる保険料収入が、9社合算で約8兆9900億円となり、上半期では2000年以来、5年ぶりに増加。ただ保険金不当不払いが発覚した明治安田生命保険が前年同期比で1割減となるなど、国内大手で事実上1人負けとなった。業界順位も3位から4位に転落した。

各社収益の柱となる従来型の死亡保障型商品は引き続き不振だが、成長分野の年金・医療保険分野が大幅に伸びた。各社とも年金・医療分野を今後の収益の柱と位置付けており、競争が今後激化しそうだ。

明治安田は2度にわたる業務停止命令を受けて国内大手4社で唯一、解約・失効率が悪化したことから保険料収入が10.0%減の1兆3755億円と大幅減収となった。新規契約高も29.4%減に落ち込んだ・・」とのニュースを見た。

・・実は、俺も長きに渡り明治安田生命の保険に加入している。

何だかんだと、それなりの商品(月々約27,000円)に加入し続けているのだが、最近流行の年金や医療などターゲットを絞った商品であれば、安価で加入できることから保険の見直しをしようかと思っていたところだった。

以前、知人に日本生命の社員と明治安田生命(当時は安田生命)の社員がいたので2人に社風を聞いたことがある。

今はどうか知らないが、当時日本生命の社員は「私の周りのスタッフはとてもパワフル。多少強引でもガンガンいくタイプが成績を上げている」と言っていた。

これに対して明治安田生命の社員は「日本生命のように所得格差が少ないためか、それとも旧財閥系であるためか比較的おとなしいスタッフが多い」と言っていた。

この話と今回の明治安田生命の「保険金不当不払い」の指摘を見ると、内部管理の拙さや内部・外部のパワーバランス(本来は顧客に力を注ぎ信頼を勝ち得ていかなければならないが、社内管理・面子などの理由からその点が疎かになっている状態=外部へのパワーが内部を向いている状態の意味)が崩れているのではないかと想像される。

やはり、経営の基本である「顧客へ十分な商品(サービス)を提供し、それに相当する対価をいただくと共に信頼を勝ち得る」というスタンスを改めて見つめなおすべきかと思う。

だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ←「同感」の方はクリックを!

posted by ゆう at 22:55| Comment(19) | TrackBack(2) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

マンション耐震強度に関する役所の対応(怒)

「マンションなどの耐震強度に関する構造計算書の偽造を見過ごした民間検査機関イーホームズ(東京都新宿区)に、国土交通省がほぼ毎年、定期的に立ち入り検査をしながら、同社の審査態勢の不備を指摘してこなかったことが明らかになった。帳簿の保管状況や検査員数の点検が中心で、建築確認の審査方法の中身は詳しく調べていなかった。こうした事態を受け、国交省は、民間検査機関への検査のあり方を見直す・・」との記事を見た。

最近、巷を騒がしている一連のマンション耐震強度に関する事件についてだが、(真偽は不明なものの)偽造した側は勿論のこと、それを見抜けなかった自治体をはじめとしたお役所もお粗末なものだ。

自治体等の会見を見た限りでは「我々は彼らの報告が正しいものと思っていた・・」とか、「性善説の立場に立っていたので・・」などと訳の分からないことを言っている(っていうか何か腹立たしい)。

大体、構造計算書を作成する側や検査機関は勿論のこと自治体等も含め、本来はそれぞれの立場でしっかりとした仕事を遂行するのがスジではないか。

その本来の仕事(チェック)を怠り、やれ性善説だのどうのと言っているのであれば、自分たちの仕事を放棄するのと同じである。

そもそもチェックをする気がないのであれば、(この仕事に関しては)自治体等の役割は不要であるし、本件を担当しているスタッフも不要ということになる。

しかし、現実はスタッフが存在するし、彼らへの給与は地域住民の税金から支払われている筈である。

それなのに、市民の安全を守る業務もぜずに、何か問題があれば「私たちは仕事をする気がありません・・」と同意のセリフを吐く始末。

大変失礼だが、あなた達自身が税金の無駄遣いの原因であることを自覚していますか?

だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ←「同感」の方はクリックを!
posted by ゆう at 22:57| Comment(6) | TrackBack(4) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

昔のNECは凄かった(懐)

「NECは11月24日、グループ企業の再編によるネットワークソリューション事業の強化策を発表した。一連の再編で、NEC本体の役割も変わる・・」との記事を見た。

何とも感慨深いものがある。
俺が最初にパソコンを使い始めた頃は、まだハードディスクどころかフロッピィディスクも無い、テープレコーダーが主流だった時代だ。

そんなパソコン黎明期からWindowsが登場する直前まで、NECはオフィスや家庭で物凄い支持(シェア)を得ていた。

これは大企業や一流企業をはじめ、あらゆる企業に様々な手法を使いパソコンを大量導入してもらい、その延長線上にある家庭用パソコンの市場もしっかりと押さえることで成し得た芸当だった。

しかし、Windowsの爆発的な普及はパソコンを一般化させると共に、メーカーを超えてOSを共同利用することが出来るようになったため、それまでのユーザーはNECに縛られる必要がなくなり、次々と他メーカーに乗り換えていった(昔はNEC専用のソフト、富士通専用のソフトとそれぞれメーカーごとにOSやソフトが分かれていたため、過去データを活かしたいことから簡単に乗換えが出来なかった。・・つまり、今の携帯電話のように電話番号に縛られて安易にキャリア変更が出来ないようなもの)。

・・結局、懸命に努力し市場を占めたとしても、その前提条件(この場合OS)が変わることによって、一瞬にして牙城が崩れる典型だった。

最初に買った(出会った)機械がNECのロクマル(PC-6001)シリーズでその後の隆盛期を知るだけに、何だか複雑で悲しい気分だ。

だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ←「同感」の方はクリックを!
posted by ゆう at 06:46| Comment(4) | TrackBack(1) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

紅白歌合戦の「スキウタ」って(謎)

「NHKは11月21日、大晦日の第56回紅白歌合戦で聴きたい歌を投票してもらう「スキウタ〜紅白みんなでアンケート」の最終集計として各組上位100曲を発表した。
10月6日の中間発表でははがき、ネット、携帯電話、データ放送の総得票順だったが、締め切り間際にはがきの組織票が大量に届くなどしたため、急きょ各投票方法の順位の平均値で順位付けする方法に変更。苦肉の発表になった。

組織票という言葉は避けたが、NHK側は「歌への思いが最も反映される方法」を再検討せざるを得なくなった。「はがき」(293万1146票)「ネット」(45万6091票)「携帯電話」(31万812票)「データ放送」(6万1947票)という4つの投票別の順位を平均し、その値の少ない方を上位とみなして紅白各100曲を発表した。

調整のかいあって、結果はNHKの思惑通りになった。中間発表では紅白合わせて90年代以降の曲が約77%、00年以降の曲が40%を占めていたが、最終集計では90年代以降が57・5%、00年以降が30・0%にダウン。一方で、89年以前の曲は約23%から42・5%に増加した。」という報道を見た。

はぁ?
いくら紅白歌合戦の視聴率が下がっているからといって、視聴者から人気投票を行い、尚且つ集計方法を途中で変えて古くからの紅白ファンである年配者をキープしようという思惑は良くないのでは。

紅白歌合戦は、テレビの黎明期に年を締めくくる番組としてスタートし、経済成長によるテレビの普及も手伝い、一大娯楽番組にまで成長した。

しかし、この経済成長を支えた年代以降のユーザーを取り込めず、且つ年末の娯楽も多岐に渡り年々視聴率は下がり続けていった・・。

スキウタという番組のテーマ自体は悪くないと思うが、元々紅白歌合戦の出場(選考)基準やこれまでのコンセプトを考えると、「紅白歌合戦」という看板は外せないものの視聴率は確保したい。だから、少しでも興味を持ってもらえるよう選曲を投票により決定するとともに、これまで紅白歌合戦を支えてくれたファンを放さないよう、曲に偏りが出たときには調整をする・・・といった思惑ではないだろうか?

最近は不祥事を重ねているが、それでもプライドだけは捨てきれない「お役所」的な発想が伺えてしまう。

そもそも、NHKは受信料を徴収しているのだから、「誰にでも役に立つ正確で品位ある情報」を提供する義務がある。
それなのにファンによる多数決で提供する内容を決めるとは、どういうことだろう?

第一、多数決(の世論)が必ずしも正しいとは言えないのだから。
だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ←「同感」の方はクリックを!
posted by ゆう at 15:42| Comment(3) | TrackBack(3) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

自然をテーマにした愛知万博で産廃(悩)

「愛知万博会場跡地(愛知県長久手町など)の工事で余った基盤材計1トンを会場周辺の里山「海上(かいしょ)の森」に捨てたとして愛知県警瀬戸署は11月18日、廃棄物処理法違反(投棄の禁止)の現行犯で福島県須賀川市の会社員2人を逮捕した。調べでは、2人は会場跡地の斜面が崩れないようにするため、斜面に基盤材の木のチップを吹き付ける作業を請け負って作業していたが11月18日夜、不要になった袋入りの木のチップ計1トンを同県瀬戸市の「海上(かいしょ)の森」にトラックで運び捨てた疑い。・・」とのニュースを見た。

ちょっと待て。
確か、愛知万博のメインテーマは「自然の叡智」で、サブテーマに「循環型社会」を掲げて環境に配慮した会場作りや環境負荷の少ない交通手段や新エネルギーを扱ったハズ。

ってことは、「木のチップ」を山に捨てたのは自然への循環ではないのか?

そもそも逮捕された2人は愛知県とかなり離れている福島県からやってきている。
本当はその時点でエネルギーの無駄遣いなので、万博テーマに反するのではないか?

この報道の真相は分からないが、もしこの2人が「なぁ、万博では自然や環境をテーマに掲げているので、木のチップを山に捨ててもいいんじゃないか?だって、木ならいずれ自然に還るだろ」、「あぁそうだな、何せ俺たちが木のチップを持って福島に帰る方が無駄にエネルギーを消費するしな」・・なんて会話をしているのであれば、別に逮捕されなくてもいいんじゃないか?

モリゾー、キッコローっ俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ←「同感」の方はクリックを!
posted by ゆう at 08:28| Comment(0) | TrackBack(2) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

接客は大切(怒)

「内臓肉などをつなぎ合わせた「成型肉」を使っていることを表示せず「ステーキ」として販売したとして公正取引委員会は11月15日、景品表示法違反(優良誤認)でステーキ店チェーン大手の「フォルクス」(本社東京)にこうした表示を改めるよう排除命令を出した。飲食業者への排除命令は初めて・・」との報道を見た。

「フォルクス」のコーンスープが好きで、近所の同店に時々足を運ぶがステーキの味よりも接客に対してよく腹を立てる。

先ず何よりも(近所のフォルクスは)、注文してから食事が出てきるまでの時間が長すぎる。
余りに長いので「オーダーを飛ばされた?」と思ったのは1度や2度ではきかない。

しかも、食事が出てくるのは遅い割りフロア担当は暇そうにしていたり、スタッフ同士話をしている姿も見かける。

そんな姿を見ると、食事の遅さからくる腹立ちから「暇なスタッフを抱えるくらいなら、もう少し値段を安くしろ」とか「暇なのは仕方ないが、せめて私語はするなよ」などと怒りを覚えてくる。

いくら飲食店とは言え、多くのスタッフが接客を通じてサービスを提供するのであれば「接客サービス業」としての自負を持って仕事にあたって欲しい。

私語をしているスタッフに言いたい。
自分が客の立場なら「食事が遅く」「不誠実な態度のスタッフがいる」店で食事をしたいと思いますか?

あなた達の給与は、この客の支払う代金から出ているんですよ。
だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ←「同感」の方はクリックを!
posted by ゆう at 09:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

日本の観光立国って?通貨レートを考慮した?(呆)

ニュースで「・・小泉首相は13日午前、観光立国に向けた取り組みについて「今まで観光に取り組む意欲が少し足りなかったんじゃないか。日本はもっと観光して楽しいところがたくさんある。それを世界の人に分かってもらう努力が必要だ」と述べ、観光宣伝を強化する必要性を強調した。視察先の大分県別府市内で記者団の質問に答えた」との報道を聞いた。

俺も別府には何度も行ったことがあるし、自分自身とても良いところと思っている。
もし、時間があるなら、もう何度が旅行してみたいと思うほどだ。

しかし、首相の言う「観光立国」というのはちょっと違うと思う。

皆知ってのとおり、日本は物価レートがとても高い国だ。
その日本に大枚を叩いて旅行に行こうという人が外国にどれだけいるんだ?

そもそも日本(アジア)に興味を持ち、且つ日本の物価レート(為替レート)に耐えうる外国と言えば、米国・欧州及びアジアの一部の国々しかないはず・・・。

しかも、現実的に来日する可能性があると言えば、米国とアジアでも比較的裕福な韓国・台湾・中国程度だと思う(欧州と日本では距離が遠すぎることと、意識差が大きいので物価に問題が無くても現実的には来日するケースは少ないと思う)。

そう考えると「環境立国」というのは夢物語に近く、これよりも「技術立国の更なる邁進」と言った方がよっぽどスジがとおるし、しかも多くの人のモチベーションが上がるはず。

最初にも述べたとおり、自分自身観光名所はとても好きだし、旅行が趣味なので「観光立国」と言われると少し嬉しくなるが、現実を考えると空想にしか聞こえない。

きっと、関係省庁や業界に対するリップサービス等の意味が含まれると思うが、多くの国民に謝った認識を与える可能性があることを考えると、この発言はあまりしない方が良いかと思う。

だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ←「同感」の方はクリックを!
posted by ゆう at 22:07| Comment(0) | TrackBack(2) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

P・ドラッカー氏について(悲)

「経営学の神様」として企業経営者や管理職らの間にもファンが多い米国の経営学者、ピーター・ドラッカー氏が11日、老衰のため死去した。95歳だった。

氏はウィーンで生まれ、ドイツで新聞記者、英国で証券アナリストを経験した後、渡米して学者になった。企業経営学の権威であると同時に社会学者でもあり、時代に合った経営のあり方、個人の生き方、教育論など幅広い分野で執筆・言論活動を続けた・・。

約10年ほど前に氏の著書を知ってから、この間3〜4冊程度を読ませていただいた。
幾つもの経営や社会、教育に関する書籍を読んだが、彼の著書は理論やスジがしっかりとしており、毎回感心しながら読んだことを覚えている。

よくテレビや雑誌で様々な学者がコメントを残しているが、その多くは「実学」をあまり知らなかったり、言っている論が企業の現場では機能しなかったり、実の無い「概論」だったりするので飽き飽きしているが、氏の著書はそれらと一線を画していたので発行されるたびに注目をしていた。

これからも、氏のような地に足の着いた「実学」を論ずる優れた書籍が多数発行されることを願うばかりだ。

だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ←「同感」の方はクリックを!
posted by ゆう at 12:49| Comment(0) | TrackBack(6) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

保育士って年齢制限が必要では?(悩)

以前、入社して8ヶ月程度の新卒女性スタッフが「私は保育士になりた!」と言って突如退職した。

それまでは保育士について考えたことも無かったが、丁度良い機会と思い保育士に関する資料を取り寄せ色々調べてみた。

・・・?

調べれば調べるほど、仕事の内容から「子育てのプロ=育児経験のある女性=おばちゃん(?)」が担当すべき仕事ではないのか??と思うようになった。

よくよく考えると、子供の気持ちや行動パターンがある程度読め、また「適度に優しく」「適度に厳しく(躾を含め)」指導が出来るのは、どう考えても育児経験のある人しかいないハズ。

それなのに保育士に関する資料を見ると、どれも若い女性が笑顔で子供と接している写真ばかり。

だいたい実の親が子供を虐待する事件が後を立たない今日なのに、改めて「子供を育てたこと」も「子供を生んだこと」もないアカの他人に子供を預けることを考えると、とても恐ろしくなってくる。

やっぱり保育士は「育児経験がある30歳以上の女性」など一定条件を課した方が良いのでは?

だれか、俺の意見の賛否を書いてくれーーっ!

人気blogランキングへ←「同感」の方はクリックを!
posted by ゆう at 23:27| Comment(5) | TrackBack(2) | 思い込み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。